A brighter day

写真、本、音楽、その他もろもろです。

3月までのスケジュール

現在撮影予定の入ってる日時

 

1月

六日朝昼  クラウス  テガミバチ

七日朝昼  幸子

 

二月

4日  のあさん

3連休のあたりに1日ロケ  切嗣

月末はダメ、若しかしたら1718もあかん。

 

3月

3日  大型併せ

10日  オタ恋

17日  茜ちゃん

 

大まかですがこんな感じです。

優しさの形(映画の感想の雑記だよ)

  誰かのために行動できるし誰かのために優しくなれるけど目的は同じなのに形は違ってきてしまうから一つの鍵穴に二つの形の違う鍵は入らないからそこで衝突が起きてしまうのは致し方ないよねというお話。

 

  というわけで「ギフテッド」観てきました。

 

  あらすじなんですがメアリーというかわいい女の子、彼女のおじさんフランク、猫のフレッド、彼らの日常を描いたものです。

  メアリーが地元のスクールにいき、そこで数学へのとんでもない才能を見せたことがきっかけで様々な騒動が起こります。

  

 

 

 

※以下ネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の子に育って欲しかったという母親の願いと、歴史に名を残す数学者になって欲しかったという祖母の願いが元で親子の争いが起こります。

 

普通の子に育って欲しかったというのもなかなか悲しいもの。

 

自分が才能を持っていたからこそ、娘にはそのような人生を歩ませたくなかった。

 

多分あの時ボーイフレンドと付き合うことが出来たのなら彼女は娘にそう願わなかったと思うのです。

 

男を見る目がなかった、なんて言われるようなことはしなかったと思います。

 

あれがあったせいで自分は平凡な付き合いもできない、それを選ぶことが間違いだったと決めてしまう。

 

イブリンはより数学に励むこととなったと肯定的に捉えておりましたが実際は諦観に似たものと思います。

 

選べなかった、掴み取れなかった未来に憧れていたからこそ、メアリーに歩ませようとした。

 

自殺をすると決めたのは多分ミレニアム懸賞問題を解いた時ですよね、絶対そうだ。

そんな感じの描写があった。

 

イブリンの願いはこれで叶った。

 

なら私の願いを叶える番だと。

 

フランクなら大丈夫だと。

 

イブリンは途中まではあーうん、押し付けがましいし、すっげえ教育ママだけどそういう事情あるのかーなるほどー。

 

と思っていたのですが案外間抜けなところと小狡いところが嫌でした。

 

地元の掲示板に出したらバレるだろと。

 

なんで父親を呼んできたんだ、アレ逆効果じゃないか。

 

Google検索ですぐに出てくるような記事を見つけなかった父親だぞ。

 

どうして呼ぼうと思った。

 

と数学以外のことに関しては割とぽんこつに描かれておりました。

 

そんなおばさんのことはさておき、メアリーがすくすくと時に尖るけど周りに溶け込むように育ったことになんかこう胸のこみ上げる何かを感じました。

 

月一でしか会えなかったしおばさんの嘘のせいで会えなくなったけどやっと会えて泣いてるフランクの顔をぐにぐにして笑顔にするところはもうどツボすぎて泣いてしまいました。

 

おばさんほんとお前さあ!!!この野郎!!!悪手すぎるんだよ!!!

 

  メアリー、そしてフランクを取り巻く環境が優しさに満ちていてその明るさに泣けてしまう映画でした。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

底辺カメラマンの叫び

衣装がテカテーカ!
濡ーれてテラテーラ!
そーれがどうした!
僕カメラマン!
ファインダー越しのー!
どすけべ衣装!
たっくさん撮りたい!
カメラマン!

バニー水着黒タイツ!!

レーリミ童貞殺す服

Predatorr〇tの可愛い下着ー!!

カメラマーン!!カメラマーン!!

可愛い服着た素敵なあの子を撮りたいなー!!

カメラマーン!!

 

(ここでアウトロ)

 

元ネタ  ぼくドラえもん

 

 

 

ところでこれ三番までやるべきかな。

 

 

なんだか

楽しいことがバンバン続くと

 

急にふっと冷めて今の境遇を見つめてしまう。

 

独身  彼女なし  実家住まい  趣味で土日を取られてる  年収400  手取りは少なめ …

 

とまあこんな感じだろう。

 

眩しすぎる光はやがて目を背けさせて、真っ直ぐには歩けなくなる。

 

夢に進んでまっすぐに歩いてきたからこそ持ってる光だ。

 

私にはあるだろうか。

 

夢はあった。

 

叶えられなかった。

 

そんなものだって思って就職した。

 

けど、恨み言だし甘えなのは知ってる。

 

私の意思はなかった。

 

学業も部活もまあ兄弟の中では悪くはなかったと思う。

 

だけどそれでも選ばせてもらえなかった。

 

信じてくれなかったのだ。

 

そうではないと言うだろう。

 

入った会社ではうつ病だ。

 

これが選んだ会社だぞと、あなたも私も、何も知らなかったくせに選んで、それでこうなったと。

 

…この甘えから抜けるために転職したい。

 

そしてもっと稼ぎたい。稼いで何するか?

 

結婚していい家庭欲しいな。

 

貧乏だけはあかんから。

 

給料のニュースでちょっと言ったらお前はもらってる方だと。

 

じじばばにもらってる方って言われても説得力ないよ。それに現に私たちの代はもらえてないんだからその話をしたのになにさ。

 

辞めてくれないかな、叩き潰そうとするの。

 

だから親は嫌いだ。

 

好きなこともあるけど、いつ嫌いが溢れるか。

行ったことあるカレー店のリスト

 行ったことある店とそのリンク。

 

 ・ベンガル

www.hotpepper.jp

 

 ・オオドリー

www.hotpepper.jp

 

 ・SAPANA

www.hotpepper.jp

 

 ・カレー食堂 心

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13187498/

 

 ・東京カレー屋名店会

www.hotpepper.jp

 

 ・ボンディ本店

www.hotpepper.jp

 

 ・共栄堂

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000596/

 

 ・エチオピア

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000638/

 

 ・ペルソナ

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13000636/

 

 ・ヤミツキカリー

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13136884/

12月23日

 

   カメラを手放しました。

と言ってもサブ機の方です。

 

軽いノリで使い始めたe-pm2のダブルズームキット。

この子から始まりました。

慣れないカメラで撮った写真も、慣れてきた頃にレンズ色々付け替えて撮った写真も宝物です。

写真がメキメキうまくなって、と言われた時はとりあえず嬉しかったです。

でも遠い存在にはならないのでそこは御安心を。

 

 

まだ見ぬ次のミラーレス、宜しくお願いします。

11月17日

  マジェスティックプリンスの劇場版が素晴らしいとのことで。

 

  兄貴からかなり勧められております。

 

  トレイラー見ましたがどえりゃーカッコよくて、さらにこの後さらにかっこいいシーンが来るとのこと。

 

  こいつはやべえと思ったので見に行こう。