読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A brighter day

写真、本、音楽、その他もろもろです。

思うに

 人助け、ないしは誰かの手伝いをするにあたって

 

 「私は人の役に立っているんだ」

 

 と思うのはいいけど

 

 「だから他人から褒められるべきなんだ」

 

 とまで思ってしまうのは驕りである。

 

 とはいえその驕りをなくすことなんてできやしない、だがかくしてかくして隠し通すことくらいはできる。忍耐なのだ。

 

 そもそも私はやったことに対して感謝されることに対して意味を感じません。別に感謝されることが嫌いではないのよ、ただ人を助けたいだとか、笑顔にさせたいとかではなく、単純に自分がやりたくてやったことなのでそこに感謝されるのは少々変な感じがします。